如月

アーティストsuzumoku
作詞suzumoku
作曲suzumoku
止まぬざわめきに耐え切れず 思わず仰いだ空に
君のカタチは現われずに 崩れて流れて消行く雲

様変わりした街に あの日を重ねてみても
わずかにずれる二人の影に 切なくてまた俯いてしまう

気付かず速まる足音に 溜息を絡め夜明けを待つ
窓の隙間から三日月 救い出すこともできないまま

乾いた喉が痛む 右手がしびれている
取り留めなくにじむ涙を ごまかす言葉も見つからない

君と出会わなければ 苦しまずに済んだの?
違う違うと問いただして 無理矢理瞳を閉じる毎日
巻き戻せるのなら 偽りさえ装うけど
瞬きを繰り返す程に 思い出に溶ける君の笑顔
音もなく訪れた如月 あの日をただ優しく包んで

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加