1990年

アーティスト伊東ゆかり
作詞吉屋潤
作曲川口真
ルルル・・・ ルルル・・・
1990年
娘は21
女の季節を迎えているだろう

春が来て 恋を知り
夏が来て 血がさわぎ
どんな男に
どこで抱かれるやら
どんな男に命あずけるやら

秋の夜 涙して
こな雪に うちふるえ
女の悲しみを はじめて知った時
私のすすめる お酒を飲むだろう
しあわせな 女に
母親をすてても
父親をすてても しあわせの旅を
続けて行くんだよ

1990年
娘は21
女の季節を迎えているだろう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加