銀杏

アーティストyukana
作詞ゆかな
作曲松田博幸
今日も、また日が沈みます 今日も当たり前のように
あなたという存在さえ まるで何もなかったかのように

お祭りの時に押し寄せる人波さけて
はぐれないように一度だけ繋いだ手の温み・・・

戻らないと誰もが言います 私の手はまだ暖かいのに
可哀相と誰かが言います 私はこんなに幸せなのに・・・

波間に流されて追いつきたい

泣いて腫れた私の目も もうすっかり治りました
私のまわりは誰もが いつも通り暮してゆきます

あなたと過ごすと楽しくて時が止まってた
家につくのが淋しくて 訳もなく歩いた

二人で見た銀杏の並木は 今はもう葉が落ちかけています
可哀相と誰かが言います 私はこんなに幸せなのに・・・

波間に流されて追いついたら・・・

二人で見た銀杏の並木は もう幸せに実をつけています
可哀相という人も消えて あたりまえに日が暮れてゆきます

私の存在もなかった様に・・・・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加