君の元へ

アーティスト第二文芸部バンド
作詞第二文芸部
作曲第二文芸部
いつの間にか敷かれたレール
壊しながら歩いてきたけれど

僕らの足跡いくつ残ってるだろう
だけどまだ進みたいんだ 先へと

変わることは難しくなくて
違う自分想像してみたり

道を失ったぼくの背中押すように
君の声聞こえてきたよ「上向いて」

空に浮かんだ月の光が so bright
照らし出す彼方に
待っていてくれる人がいる
そうだね行かなくちゃ君の元へ

出会うたびに強くなっていくきっと
転んだりしながら
君がくれたんだこの力今すぐ
届けたい届けなきゃ

空に浮かんだ月の光が so bright
照らし出す彼方に
待っていてくれた人がいる
そうだね行かなくちゃ君の元へ

いつの間にか引いてきたレール
走り出したぼくはもう迷わない

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加