歴史

アーティストエレファントカシマシ
作詞宮本浩次
作曲宮本浩次
歴史… 青年期あらゆる希望を胸に、いきりたってヒトに喧嘩
(論争)をふっかけた鴎外。 以後官僚として栄達をのぞみ、ドロドロ
した権力闘争にも身を置いた鴎外。 歴史… それは男の当然の
生き様であるが、晩年のわずか五年間、鴎外、栄達がのぞめなく
なると急に肩の荷が降りたのだろうか? 小説家森鴎外が俄然輝
きを増す。彼は負けたのだろうか? 男の生涯、ただの男になって
死に様を見つけた。

歴史… 名作『山椒大夫』、そして『渋江抽斎』に至って輝きは
極限、そう極限に達した。 凄味のある口語文は最高さ。 歴史SONG
歴史SONG読む者を酔わせて止まない。 されど凄味のある文章
とは裏腹。 鴎外の姿はやけに穏やかだった。 晩年の鴎外。

歴史… 男の生涯にとって、死に様こそが生き様だ。 歴史SONG
歴史SONG、大いなる歴史の中で。 歴史の末裔たるぼくら。 残さ
れた時間の中でぼくら死に場所を見つけるんだ。 ぼくら死に場所
を見つけるんだ。 それがぼくらの、ぼくらの未来だ。

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加