いつものとおり

アーティストエレファントカシマシ
作詞宮本浩次
作曲宮本浩次
友と会えばいつもの調子
話し合うよいつもの話題を
こもりおる部屋は
いつもの様子
蝉鳴きしきる
真夏の暑さよ
金のためだろが
女のためだろが
酔いある暮らしの楽しさよ
酔い醒めし頭
醒め果てた姿の
ひとりぼっちの哀しさよ
いつものとおり
目を開ければ
いつもの部屋の中にいた
ああ今日もいずれ
ああ今日もいずれ
いつものとおりだろう

彼女と会えば
いつもの調子
仕事に出づれば
いつもの様子
休日となれば
いつものとおり
散歩に出る
いつものとおり
何處へ行くやら 何處でも
そう何處でも
歩き回ることだ
空染まるまで歩いたら
話のたねの
ひとつはあるだろう

友と会えばいつものとおり
親を見れば長生きを望み
いつもどおりなる通りを
いつもどおりの時間に
いつもどおりに通り行く
いつものとおり
目を開ければ
いつもの部屋の中にいた
お前に会えば
調子はどうだと
俺は言うのだろう
そういつものとおり
いつもの時間に
眠たくなってきた
ああいつものとおり
明日からまた
いつものとおりだろう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加