たとえば朝のバス停で

アーティストスガシカオ
作詞スガシカオ
作曲スガシカオ
夜のニュースでは新しい年の話題で
明日のお天気もろくに伝えやしない
短い休みは家の中で過ごした
ポストの中には4、5枚の年賀状・・・
通りすぎていく時間 止まったままの日々

あの日のぼくと友達になってくれた人
名前も知らずにそれきりになった人
屁理屈ばかりで、 吐き捨てたぼくの言葉を
あきれた笑顔で許してくれた人
いまさら便りのひとつ 書けるわけもないし・・・

たとえば夜の地下鉄で 誰もいない雨の公園で
ぼくはもう一度だけ 君にあえるかな・・・

カラぶりばかりで、 みんなは笑っていたけれど
電話の向こう側で味方してくれたこと
他人のせいにして、 うつむくぼくの背中を
あの時無神経に押してくれたこと
やさしい人ばかりに出会ったわけじゃないけど

たとえば朝のバス停で ずっとあかない踏切で
ぼくはもう一度だけ あなたにあえるかな・・・

たとえば夜の地下鉄で 誰もいない雨の公園で
ぼくはもう一度だけ 君にあえるかな・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加