夢のひとつ

アーティストGARNET CROW
作詞AZUKI 七
作曲中村由利
愛は終わったと互いに知ってる
だけど時を止めるように
久し振りだね こんなゆっくり話をしてる

先に自由を求めたのは
どっちかなんてどうでもいい
別れを決めて愛してたこと懐かしくなる
それだけね

なくして気づいてまた淋しがる
身勝手な心に
痛みは何度越えても
想像した程強くなれないけど

夢のひとつ みただけ
明日へ帰りましょう
こんな穏やかな夜には
さまようものよ
目覚めて君の道を歩いて
生命(とき)は儚いものなのに
人は時に求めすぎる

茜色の空が綺麗ね
君の嫌いな街だけど
ねぇ 近頃は
移りゆくもの求めることに疲れたみたい

それでも愛してると言い合ったその分だけの
混乱が押し寄せては揺さぶる
まるで嵐の夜のよう

夢のひとつ みただけ
そしてまた朝が来て
一人何処へでもゆけるよ
自由な筈ね
ね、今も背中合わせのままで
同じ空をみているみたい
君の気配感じてしまう

夢のひとつ みただけ
明日へ帰りましょう
こんな穏やかな夜には
さまようものよ
誰かをいつも求めているの
同じではいられないのに
人はそういうものでしょう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加