CLASS OF 89

アーティスト槇原敬之
作詞槇原敬之
作曲槇原敬之
どうして君は 僕のことを
追い越して行ったの?
四年も二人 通った場所が
嘘になって行く

久しぶりに届いた 君からの手紙は
びんせんも文字も 何だか大人びていて
僕よりも少しだけ 年上の人と
来年には結婚すると 書いてあった

ちらかった部屋で ジャンクフード片手に
手紙を読んでる そんな僕は
十八の頃に 抱えこんだ夢と
君を想って 変わらずにいるのに

どうして君は 僕のことを
追い越して行ったの?
四年も二人 通った場所が
嘘になって行く

就職が決まってから
もう二回目の夏
ゆかたに着替えている時だけ
僕を待たした

花火を見る人ごみ 君はこわれそうで
守らなきゃって思ってた 誰よりも一番に

この街の池に はすの葉がひらく
夏の星座を うけとめるように
それはまるで パラボラのようで
見えないものを 信じることを教える

きっと君は ノートのコピーを
そっとわたすように
短い手紙で 最後のエールを
おくってくれたんだよね

僕の知らない 誰かに内緒で
どうか見てて下さい
いつか僕が 四年の日々が
輝き出すまで・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加