童部 -WARAWABE-

アーティストSOFTBALL
作詞MOE
作曲SOFTBALL
今 僕は列車に乗り 鞄ひとつ 共に向うよ
下駄を鳴らし 坂道を登ると 湖に花火が映った

10年前 大きな手に 連れられ
訪ねた故郷に 揺られて甦る
沢山の夏の思い出
暗闇におびえて 眠れなくて

大きくなるたびに 変に大人ぶって
何故か 照れくさい気持ちが
いっぱいになっていく

僕に古い唄を 聞かせてくれたね
おばあちゃんの 袖をにぎりしめて
広がる空 夕焼けこやけ
草笛吹く風 季節は変わり

大きくなるたびに 変に大人ぶって
何故か 照れくさい気持ちが
いっぱいになっていく

こんなにも時が経ち 僕の背も伸びて
やっと辿り着けたよ やっと言えるよ
坂の途中で 落ちる砂時計 崩れる祖国

線路沿いの小道に 錆び付いた古いラッパ
板張りの駅舎から 変わらぬにおいがした
手縫いの財布 にぎりしめて

大きくなるたびに 変に大人ぶって
何故か 照れくさい気持ちが
いっぱいになっていく

大きくなるたびに 変に大人ぶって
何故か 照れくさい気持ちが
いっぱいになっていく

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加