学校祭

アーティスト湯別メインストリート
作詞湯別メインストリート
作曲湯別メインストリート
誰かが離した黄色い風船 青い空に飛び立つ
僕らが立ってる明日という場所に きっと届けばいいなぁ

みんなでおそろいのクラスTシャツ
嫌がりながら着てるやつもいた
日が暮れる教室 絵の具こぼして所々違う色になった看板

僕らは一人一人声も顔も夢も違うけど
なぜだか一人一人同じ想いあの時感じてた

何年たっても色あせない あの夏の学校祭
クラス全員で作り上げた絆という宝物
泣いてはしゃいでケンカして助け合った あの夏の学校
夕暮れ近づく校庭に汗がキラッと輝いて落ちた

Fu~忘れないよ Fu~忘れないで
みんな最後まであきらめなかった
そんな気持ちで一つになれた
Fu~ライラライララ Fu~ライラライララ

アーチの向こう側 いい匂いに誘われて
友達がつくってる焼きそばの店へ
「全然売れ行き悪い・・・」って無理やり
山盛りの焼きそば「オマケだよ」って笑った

誰かが離した黄色い風船 青い空に飛び立つ
僕らが立ってる明日という場所に きっと届けばいいなぁ

何年たってもかけがえない あの夏の学校祭
ひとつひとつ大切なもの 未来までずっと繋いでゆくよ
僕らが僕らであるためにきっと そうこの詩を歌ってゆこう
涙が溢れそうになったら あの笑顔思い出して

Fu~忘れないよ Fu~忘れないで
何かを信じて やりとげた時 みんなの気持ちが一つになった

何年たっても色あせない あの夏の学校祭
クラス全員で作り上げた絆という宝物
泣いてはしゃいでケンカして助け合った あの夏の学校
夕暮れ近づく校庭に汗がキラッと輝いて落ちた

Fu~忘れないよ Fu~忘れないで
みんな最後まであきらめなかった
そんな気持ちで一つになれた
Fu~ライラライララ Fu~ライラライララ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加