若葉

アーティストスピッツ
作詞草野正宗
作曲草野正宗
優しい光に照らされながらあたり前のように歩いてた
扉の向こう目を凝らしても深い霧で何も見えなかった

ずっと続くんだと思い込んでいたけど
指のすき間からこぼれていった

思い出せるいろんなこと
花咲き誇る頃に君の笑顔で晴れた街の空
涼しい風鳥の歌声並んで感じていた
つなぐ糸の細さに気づかぬままで

忘れたことも忘れるほどの無邪気でにぎやかな時ん中
いつもとちがうマジメな君の「怖い」ってつぶやきが解んなかった

暖めるための火を絶やさないように
大事な物まで燃やすところだった

思い出せるいろんなこと
花咲き誇る頃に可愛い話ばかり転がってた
裸足になってかけ出す痛みそれさえも心地良く
一人よがりの意味も知らないフリして

思い出せるすみずみまで
若葉の繁る頃に予測できない雨にとまどってた
泣きたいほど懐かしいけどひとまずカギをかけて
少しでも近づくよバカげた夢に
今君の知らない道を歩き始める

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加