世界を撃て

アーティストTHE BACK HORN
作詞菅波栄純
作曲THEBACKHORN
突風が吹いて葛藤が砕け散った
雑踏を抜けて戦場へ舞い戻った
それぞれの日々が戦う意味だ
逃げ出すほど弱くないさ 拳を握る

瞬間風速は台風を越えていった
上昇気流に乗っかって舞い上がった
何処までも飛べよ 想うがままに
自由を奪い取れ 共に夜明けを目指す

孤独を暴く光 その最前線をゆけ
見つめる眼差しは真っ直ぐに 世界を撃て

臆病者が俺のことを呼んだ
闇の中で首根っこを掴んだ
蹴飛ばして躍れ その亡霊を
しらけたしゃれこうべ 風に吹かれ消えてく

臆病者は過去を抱いて死んだ
覚悟決めて生まれ変われ今夜
生きてゆくこと諦めるなら
軽蔑しておくれ どうか愛する人よ

孤独を暴く光 その最前線をゆけ
見つめる眼差しは真っ直ぐに 世界を撃て

心が正解だろう いつかは笑えるだろう
果てなき悪戦苦闘の道 続いてゆく

顔を上げて世界を撃て

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加