百年の孤独

アーティストGARNET CROW
作詞Azuki Nana
作曲Yuri Nakamura
遠く街の向こう太陽は落ちて
宵待ちの星現れる
空は昨日までとまるで同じなのに
滅び行くのはこの心か

突き刺すような傷みも
底の見えない暗闇も
確かに感じられるのに
愛だけは揺れ惑う

百年の孤独に堕とされし者よ
哀しみを抱く時愛は強くなるでしょう
今も幾千の生命が泣きながら生まれる
その瞳に光を

安らぎ求めて日々はまだ
争うこと避けられぬ

絶望と怒りの中で
戦うのは
やがて訪れる無力さか

大切な誰かを無くしたくない思いの中で
愛は欲に変わり
歪んでさまようよう

百年の孤独に生きてゆく者よ
正義は時代の中で
形を変えるものね
長い悲しみの闇夜に汚されぬように
星よまだ照らして

百年の孤独に堕とされし者よ
哀しみを抱く時愛は強くなるでしょう
今も幾千の生命が泣きながら生まれる
その瞳に光を

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加