ゆうきのうた

アーティストでんしれんぢ
作詞めぐーだ
作曲まこっちゃん
水たまりに うつっていた
水色の空に なみだがお
なんだか笑われているようで
わざと小石を 投げてみた

ほんのちょっとした温度差なのに
巻き戻しができない
時間の経ったむすび目は
かたくなってゆくのにね

大人も子供もみんなみんな
今すぐ「ゴメン」って言えるといいな
呼吸するように 頑張らないように
出来る限りを やればいいんだ

雨上がりの 夜が明ける
むらさきの空 とおい海
どこかに一人きりみたい
とても怖くて 目を閉じた

思考回路は十人十色
わかってはいるけれど
いつかもうすぐってそのまま
つらくなってゆくのにね

大人も子供も みんなみんな
今すぐ「好き」って 言えるといいな
風が吹くように 優しく笑って
できる限りを 言えばいいんだ

ちっちゃい頃の夢は
ほんのちょっと変わったけれど
どこかに君ひとりだけの
虹が見えるはず

大人も子供もみんなみんな
愛してるって言えるといいな
呼吸するように 頑張らないように
できる限りをやればいいんだ

大人も子供もみんなみんな
愛してるって言えるといいな
呼吸するように 頑張らないように
できる限りをやればいいんだ

できる限りをやればいいんだ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加