金魚恋想歌

アーティスト葉月ゆら
作詞葉月ゆら, たまごまご
作曲BLUEHAWAII
夕闇の影法師 遠く聞こゆ童唄
人無き路地を抜け 灯る牡丹の灯
影に満ちし 白檀の煙
呼掛ける暗闇の格子の向こうから

貴方の哀を 口移しで結びませう
その暖かな舌先の 美味なる蜜を絡め
現と夢の狭間へ透してくだしゃんせ
伸ばす指を金魚の様に求むる私に触れて

心移ろいげな透きの入った指先に
白い胸元から嫉妬の闇が動く

雀の囀り 不安の音色
独毒への誘いは永久を求めだす

指を絡めて 綾とり遊びをいたしませう
体中を 舌も骨も 全てを絡ませて
私の指の 意図を解いてくだしゃんせ
その愛しき腕の中で 金魚の私を抱いて

月の夜に綴った文を
あの人に渡せずに思いだけ募る

体を重ね 今宵宴を開きませう
一瞬だけ貴方の業を私の罪と絡め
誓いの指を一つ私にくだしゃんせ
格子の中その指抱き 金魚の私は眠る

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加