fragment

アーティスト杉山紀彰
作詞杉山紀彰
作曲杉山圭一
空見上げながら歩く
見慣れた世界が流れてゆく
通り過ぎる風は遠いカケラ掘り起こし

あの日望んだ景色は
コレじゃないの?と問いかける
似ているような違うような
そんな思いなぜか消えずに

見たかったもの見せたいものが きっとあるハズなのに
それも上手く伝えられずに

人の行く先ではなく いつか自分が望む
場所に辿り着くために
悩んだって正解なんて何処にもありはしないさ
信じた道を進めばいい

窓の向こうの曇った
空ごと包み込んでみても
目を閉じればそこに別の景色見えるだけ

あの向こうの景色は
ホントは何色なんだろう
褪せたのか覚めたのか
今じゃそれさえ分からずに

信じていたかったものだけが そこにあったハズなのに
遠くかすみ見えずに

いつか埋もれた素敵な色に出会うために
僕らはさまよっている
見栄えのいい理想なんかじゃなく ホントの願いを
別のカタチで探せばいい

見たかったもの見せたいものが きっとあるハズなのに
それすら上手く伝えられないままに

信じていたかったものだけが そこにあったハズなのに
遠くかすみ見えずに

人の行く先ではなく いつか自分が望む
場所に辿り着くために
見栄えのいい理想なんかじゃなく ホントの願いを
別のカタチで探せばいい

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加