BIOGRAPHY

アーティストLEE DONG GUN
作詞Keiko ASO
作曲Katsuhiko Yamamoto
夜の水を手で掬えば
昨日までの月が映る
忙しい夢のために
数字ばかり見つめた日々

このビルも壊されたら
見慣れない街になるね
上を見て生きるよりも
君のために生きていこう

どんなふうに変わればいい?
どんなふうに愛せばいい?
その笑顔を見られるなら
時間なんて惜しくない

どんなふうに守ればいい?
どんなふうに愛せばいい?
その答えが見つかるまで
君を抱きながら
風を見ていた

点滅する赤いランプ
この街の寝息のよう
君だけは同じ場所で
僕のことを見てくれてた

時代を読む鋭さより
心が読めるように
一人きり生きるよりも
二人になり生きていこう

そんなふうに泣いてもいい
そんなふうに信じていい
この素顔を見られるなら
自由なんていらないさ

そんなふうに遠慮はいい
そんなふうに信じていい
この言葉が溶け込むまで
君を抱きながら
夜を見ていた

いつか僕たちが年をとって
Biography 記すとき
君と逢えてしあわせだったよと
言うから

どんなふうに変わればいい?
どんなふうに愛せばいい?
人生なら1ツだけど
時間なんて惜しくない

どんなふうに守ればいい?
どんなふうに愛せばいい?
その答えを見つけたから
君を抱きしめて
明日を見ていた

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加