冬唄

アーティストSKELT 8 BAMBINO
作詞SKELT8BAMBINO
作曲SKELT8BAMBINO
去年の今頃もこんなに 寒かったかなと首をかしげ
あの頃はいつでも隣に 君がいたこと思い出してるよ
ふたりでいるのが当たり前に なりはじめたのはいつのことだろう
いつしか君の愛を重荷に 感じてしまい君を遠ざけたんだ

幸せは目に見えないから
そのときは気付かないけれど

冬の足音かほら 確かに聞こえてきた
君のいないこの季節は 少しだけ震えているよ
楽しい時間だけが いつもあっという間だから
今ではあの日の ふたりはやけに遠くにいるようで

何もかも忘れるため 自分の気持ちをごまかすため
ぬり重ねたウソや作り笑いで はしゃいで 騒いで それでも君を思い出して
見上げればグレーの空の下 山下公園やみなとみらい
記憶と足跡 赤い糸 たどってもそこは君のいない未来

幸せは目に見えないけど
ふたりなら見つけられたのに

君の温もりがほら 少しずつ消えていくよ
今頃君は誰かの すぐ横で笑っているのかな
つらい思い出だって ずっと忘れないから
今さらあの日の ふたりに戻ることはできないから

いつも一緒にいれた日々
もっと大切にするべきだった
あの頃の自分に 今は少しだけ後悔
ごめんね ありがとう 本当に
今なら素直になれるのに

君にもっと大人になってほしいと思っていたあの頃
でも子供だったのは僕だった いつでも自分のことばかり
寒さに震える君の手を 握って温めてたポケット
今はただその感覚を手探りしてる 今でも君が好き

冬の足音がほら 確かに聞こえてきた
君のいないこの季節は 少しだけ震えているよ
楽しい時間だけが いつもあっという間だから
今ではあの日の ふたりはやけに遠くにいるようで

冬が訪れる度 君のこと思い出すよ
今頃君は誰かの すぐ横で笑っているのかな `
失くしてわかるんだね 本当の愛の意味が
それでもあの日の ふたりに戻ることはできないから
もう戻れないから 奇跡がおこるなら

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加