もう 探さない

アーティストZARD
作詞坂井泉水
作曲織田哲郎
灰色の都会を 見おろすこの部屋に
無口なノイズ残して
誰もいない……
電話も鳴ることさえ 忘れてる
自由になれた痛みね

あの夏の日……
子供のように はしゃぐあなたが 眩しかった
遠い記憶

肩をよせて歩く 二人のコントラスト
溶け合うように続いていた -もう探さない
熱く生きることも ああ 少し臆病になる
裸のままで 今は 愛せないから

時が過てば いつも切りかえは得意なのに
笑っていても苦しい……
年上の女と 暮らしていると聞いた
もう二度と 電話できない

少し遠く見つめる瞳
きっと あの人を映していた
悲しいけど

誰のせいでもない 運命の悪戯だから
取り戻せない微笑み -もう探さない-─
熱く生きることも ああ 少し臆病になる
あの頃のように 今は 帰れないから

肩をよせて歩く 二人のコントラスト
溶け合うように続いていた -もう探さない
熱く生きることも ああ 少し臆病になる
裸のままで 今は 愛せないから

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加