夏の素描

アーティスト徳永英明
作詞秋谷銀四郎
作曲徳永英明
10時5分のフェリーが最終らしい
それまですこしあるから外で待とう
どうしても今夜帰る理由ならいい
知りたい気もするけれど言葉じゃないから
君がもし一枚の水彩画だったら
毎日美術館に行って眺めるのに
夏のデッサンいつも本音に愛を
描いては破られるから

10時5分のフェリーが戻ってきた
青い都市のイルミネイション デッキにのせ
笑っても涙もいい別れる時は
夢だと思えばきっと醒めるから
サーブサイドのホテル眠ったふりで
君がすこし泣いたことを知ってるよ
夏のデッサンいつも描きかけの愛
浜辺に打ち寄せている

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加