指きり

アーティスト岡野宏典
作詞岡野宏範
作曲岡野宏範
少し肌寒い朝を迎えた 今日は何故
足元をすぎる隙間風が冷たいんだろう?
眩しすぎる朝陽を受けながら ぼんやりと
舞い上がる粒を眺めていた

その埃のように空転を続ける
役立たずな前頭葉

分かち合えた時の中で見つけた
二人の喜びは まだほのかに残っている
今はただ空空漠漠な僕だけど
重ねた時間は誇りになるかなぁ・・・

夕べも君が夢に出てきた 気がするなぁ
どんな言葉を交わしたかなんて覚えちゃいない
まるで漫画のひとコマのように 二人ただ
向き合ったまま見つめ合うだけ

ふきだしの中にどんな言葉たちが
書き込まれていくのだろう?

分かり合えた二人だからこそ
とがめ合うこともあるだろう「描いてた未来はどこ?」
指切りしてた頁はもう破れている
憧憬だった二人の風景

分かり合えた二人だからこそ
とがめ合うこともあるだろう「描いてた未来はどこ?」
指切りしてた頁はもう破れている
憧憬だった二人の風景
セピアになった二人の風景

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加