夏という光の泡沫

アーティスト梶原景時 (井上和彦)
作詞田久保真見
作曲近藤尚如
走り出す 君の長い髪
指先で 追いかけながら
抱きしめて しまいそうだよ

蝉の声 新緑の小路
この時が 止まればいいな
かなわない 願いだと知ってても

君が居るだけで 嘘さえも 透き通るよう
笑い疲れても このまま 微笑んでて

何故 儚いものほど 美しくきらめくの?
今 見上げる空に
まぶしすぎる 木洩れ陽が光る
君も夢も 夏という泡沫だね

淋しさを 知ることもなかった
あの頃のオレを 思うよ
息ひそめ 短夜を生きてたね

君が居るだけで 闇さえも透き通るよう
遊び疲れたら 虫の音 子守唄に

何故 愛しいものほど 果てしなく遠いのか?
今 見上げる夜空
まばゆすぎる 星屑が光る
君も今も 夏という泡沫だね

・・・心に叢雨 降りしきろうと 忘れて忘れて 今は・・・

もう 何にもいらない 君だけを見ていたい
もう それだけでいい
まぶしすぎる 微笑みが光る
時を止めて どうか ああ

何故 儚いものほど 美しくきらめくの?
今 見上げる空に
まぶしすぎる 木洩れ陽が光る
君も夢も 夏という泡沫だね

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加