ジパングの風

アーティスト水木一郎
作詞志倉千代丸
作曲志倉千代丸
男なら祭り太鼓 女はよさこい鳴子
そしてまた風に吹かれて(ヨイ・ヤー・サー!)

迷うな男だろ その腕で船を漕げ
花道に斬り込む 魁と前に出ろ

地方車の篝火が この道に灯ったら
皆々様よ始まりだ

男なら祭り太鼓 女はよさこい鳴子
今宵演舞は「昇り龍」よっちょれ、よっちょれと 暴れ打ち
黄金の国ジパング この場所で生まれ育ち
よさのいろはに 生きる事の意を知れ
そしてまた風に吹かれて(ヨイ・ヤー・サー!)

旅をする男は浮き世涙好いちょった
よさこいの女には 気ぃ付けなされ火傷に

大波に揺られても その旗が上がるなら
この路に迷うすべ無く

男がよ船を漕げば 女は待てど待てども
意地を通した「飛翔鷹」よっちょれ、よっちょれと 風を切れ
春夏秋冬ジパング この国で生まれ育ち
よさのいろはに 生きる事の意を知れ
そしてまた風に吹かれて(ヨイ・ヤー・サー!)

地方車の篝火が この道に灯ったら
皆々様よ始まりだ

男なら祭り太鼓 女はよさこい鳴子
今宵演舞は「昇り龍」よっちょれ、よっちょれと 暴れ打ち
黄金の国ジパング この場所で生まれ育ち
よさのいろはに 生きる事の意を知れ
そしてまた風に吹かれて(ヨイ・ヤー・サー!)

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加