終わりのない傾き

アーティスト大沢誉志幸
作詞銀色夏生
作曲大沢誉志幸
回転ドアを
音もなくくぐりぬけ
表へととびだした それから
聞こえないひと言を
ガラス越しにいった
とても遠くに行こうとしてる
最初から知っていたことは
なんとなく消えていきそうな
人だった

小さくなる
街並みを見下ろして
もしかするとこれで終わりか
あの人が言ったのだから
たぶんそれが本当
忘れないで
それともいつか
空へと高く上っていけば
さっきまでのことが
現実味を失くしていく

青い波が夜へと変わる
とり残された光の廃虚
傾いてるのか
この街は
この夜ごと

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加