あんなに反対してたお義父さんにビールをつがれて

アーティスト面影ラッキーホール
作詞佐々木"ACKY"あきひ郷
作曲Sinner-Yang, 佐々木"ACKY"あきひ郷
俺そんなに悪い方なんかじゃなかったんだけれど
なにしろまわりが不良ばっかだからついついはまっちまったんだ
成績も中の下だしサッカーやるほどガッツもねえ
毎晩誰かの誰かの車が来る度闇にくるまり遊んでいた

話すことといや女の話見栄を張って「4・5人とはしたぜ」
なんて口からでまかせをついついふかしちまったんだ
言っちまったからにはと何とかやれる女探し始めて
幼なじみのみちこならばきっとさせるんじゃないかって思ったんだ

部屋に連れ込んでがむしゃらに泣き叫ぶみちこ裸にして
固く閉じた足にあいつねじ込んでついついいっちまったんだ
避妊の「ひ」の字も知らない二人初めてのSEXで大当たり
俺のみちこの父親に玄関で力いっぱい殴られたんだ

二十歳でみっつの子供がいる
二十歳でみっつの子供抱えて

俺足りない頭で考えた できることといやあ駆け落ちだ
パクッたカローラ=のエンジンついついふかしちまったんだ
見知らぬ町でたった二人の同棲ごっこが始まって
俺設備屋に就職しみちこスーパーでパートし始めた

「若い時に産んだ子供はデキが悪いってねえ何しろ子供が可愛そうだよ」
なんて言葉が俺をいつしか一人前の「親父」にしはじめ
「みちこちゃん若い時から同棲して「あれ」毎晩お盛んなんでしょうねえ」
なんて言葉がみちこをいつしか一人前の「母親」にしはじめた
みちこの父親も母親もそんな二人の事を認め始め
5年たったある日子供を連れてみちこの実家に帰省したんだ
お義父さん静かに俺の子供を膝に抱えたまま涙流し
「おじいちゃんだよ おまえのおじいちゃんだよう」って

あんなに反対していたお義父さんにビールをつがれて
あんなに反対していたお義母さんの煮物が身に滲みる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加