きえる

アーティストCHARA
作詞Hitomi Kanehara & Chara
作曲CHARA
腕を包む 湿った空気
息がつまる 熱い空気
汗に塗れた手 窓につけて
背中が視線 感じていた

そっと 突き刺さって犯した
私を見つめる私

あの時の 二人の熱
もういられない 目を閉じて 揺れて
落下する

この青空 飛行機
飛ぶ鳥も 揺れる木も
信号も 雑踏も
全部 多分嘘でちがう
そこにはずっとなかった

そっと 突き刺さって犯した
弱くて甘えた 狡い手

あの時の 二つの声
本当なのか 嘘なのか 分からず
消えていく

きえた Yeah また

夜が 朝に 消えてったの

暗闇に放って

いなくなった私を消し去って

この腕の痛みさえも
いつか私を捨てていく だから
やめないで

ここには 誰もいない

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加