sofa

アーティストスガシカオ
作詞スガシカオ
作曲スガシカオ
窓のない向かいの工場が
季節に関係なく低い音をたてていて
ぼくはいつも 世界のどこにいても
その音がするんだと あたりまえに思ってた
そう 信じてた

My baby 君がいない夜 あたりまえに君がいたソファ
baby 君がいない部屋 なんだかよそいきの顔をしている

雲がぼくから月の光さえ奪うと
自動販売機の切れかけた灯りだけが
まぶたにぼうっと焼き付いて
まるで夜光虫みたい・・・
思い出そうとすると もう そこにいない

My baby ぼくの部屋に 今日も夜が来たということは
baby 君にもきっと 同じ色で違う夜がきたんだろう

窓から見える5つ目の街灯 いつの間にか切れてしまったんだろう
君が抱えてた悲しみに灯りを ひとつくらい灯せたかな・・・

My baby 振り返ったんだ 君がそこにいるような気がして
baby 君が好きだった コンフレークスとスープがころがってる

My baby 君がいない夜 あたりまえに君がいたソファ
baby 君がしたであろう ドラマの録画がはじまってる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加