Invisible One

アーティスト松倉サオリ
作詞松倉サオリ
作曲松倉サオリ
踏みつけられ歪んだアルミ版が
世界の本当の姿を映してる
誰がどんな顔をしていても
たいした事じゃないように

自分達の世界が全てで
自分の意思だけで生きてるのなら
どうしてその意思だけで
この心臓さえ止められないのだろう

欲しいものを手に入れ
楽しい時を泳いで
未来を想い描こうとしても
その儚さも知ってゆく

見えない大きな力は
幸せな時をかけがえのない者達を
残酷に奪ってゆくから
その大きな手が私達を
無作為に間引く事を必要とするのなら
どうか私を選べばいいのに

凝ったり探ったり試したり
そんな関係にうんざりしながらも
澄みきってはいないこの心に
もう罪さえ感じなくなってゆく

些細な事で傷付け合う
この愚かさを思い知るために
空高く遠いところから
見下ろせたらいいのに

見えない大きな力は
私達をそれぞれの場所へ連れて行く
思わぬ挫折や悲しみに
遠く振り返る時
それを運命としか呼べないほど無力なら
何も残せなくていい

一瞬でいい この胸焦がして
焦げて無くなるくらい輝けたら
私を選べばいいのに

いつでも私を選んでいいのに

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加