やわらかな日 (スタジオアコースティックバージョン)

アーティスト斉藤和義
作詞斉藤和義
作曲斉藤和義
レーズン入りのコーンフレーク
カーテンを開ければサンシャイン
ニ人分のコーヒーが沸いた
「ちょっとこの記事読んでみて」
彼女が手渡した新聞にはこう書いてあった
「事故で亡くした夫の体から取り出した精子で受精成功」
彼女は言った
「すごい愛だと思わない?」

今日二本目のタバコ
もしも僕がこの記事の夫だったら 考えてみる
少し怖い気もするし ちょっと嬉しい気もする
「ねぇ どうなの?」って彼女がせかす
「ねぇ ものすごい愛だって あなたは思わないの?」
「まだ何も言ってないだろ」
「じゃどうなの?」
「うん そうだね」
「もう つまんない人」

誰より大切な君との こんな朝が僕は好き
何より大事な答えを 君は知ってるから

べジタブルカレーライス
窓を開ければムーンライト
ニ人分のビールをついだ
「今日ね 誰かが言ってたの」
彼女が話す瞳には戸惑いがあった
「どんなに好きな人でも五年たてば冷めるって・・・
私たちは大丈夫でしよ? ねえ どうなの?」
「うん そうだね」
「もう つまんない人」

誰より大切な君との こんな夜が僕は好き
そいつを言葉にしたら その後何処見りゃいいの?

「ねえ ものすごい愛だって あなたは思わないの?」
「まだ何も言ってないだろ」
「じゃどうなの?」
「うん そうだね そう思うよ」

誰より大切な君との こんな朝が僕は好き
何より大事な答えを 君は知ってるから
言葉は胸の中 君には見えてるはずさ そうだろ?
それより触りたい そのやわらかな肌に
もっとずっと もっとずっと

レーズン入りのコーンフレーク
カーテンを開ければサンシャイン
ニ人分のコーヒーが沸いた

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加