涙するくらい

アーティストGASHIMA
作詞GASHIMA
作曲Yasuhiro Yamada
~涙するくらい不器用でいい 嬉しい時素直に笑えるなら・・・

誰にだってあるさツライ時 作り笑いはしたくないのに
プライドに邪魔され強がって 吐き出す言葉さえ嘘だって
誰よりも自分でわかってんだよ なのにオレはなんで笑ってんだろう?
この街じゃ立ち止まるヒマはない いつからか覚えてた苦笑い
「仕方ない」っていつも諦めた 弱気になる自分をたしなめた
気づかないフリなんて簡単だよ だけどこのモヤモヤは何なんだろう?
弱さを隠すための厚化粧 今じゃホントの顔さえ忘れそう
素直に涙し笑うことが できたならばどんなに楽でしょう?

涙するくらい不器用でいい 嬉しい時素直に笑えるなら
笑われるくらいヘタクソでいい 辛い時素直に泣けるのなら

泣き虫だった子供の頃 『泣かないの、あなたは男の子よ』
泣かなくなったって甘ったれた ところは何にも変わっちゃねぇな
チャンスが無いと嘆いてた 文句ばっか言ってわめいてた
素直に「ゴメン」とか「ありがとう」 言ったことも最近無いかも
いつからか自分で作った壁 アスファルトの上に映った影
はホントのオレの何倍も 大きくなって手を付けらんないよ
オレも認められたい 愛されたい 心の奥の奥に抱いた願い
をもっと素直に伝えたい なのになぜだろう?上手く歌えない

涙するくらい不器用でいい 嬉しい時素直に笑えるなら
笑われるくらいヘタクソでいい 辛い時素直に泣けるのなら

涙こらえ見上げた夜空 あの夜君に言われた言葉
『人の目なんて気にしなくていい 力抜いてもっと気楽でいい』
最後に泣いたのはいつだっけ? 自分にさえ自分を偽って
勝手に作ってた「オレらしさ」熱い涙がこぼれだした
深呼吸が心に満ちていく 久しぶりに思う オレは生きている
もうしないよ 自分のあら探し 本気でぶつかって空回り
したって自分はありのまま 胸を張って飛び出す街の中
不器用につまずいてこけたりする方がきっとオレはオレらしい

涙するくらい不器用でいい 嬉しい時素直に笑えるなら
笑われるくらいヘタクソでいい 辛い時素直に泣けるのなら
涙するくらい不器用でいい 嬉しい時素直に笑えるなら
笑われるくらいヘタクソでいい 辛い時素直に泣けるのなら

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加