はじまりの予感

アーティストAZU
作詞UZA
作曲UZA
はじまりの予感

風に流された 雲の切れ端が
地上の影を操ってる
忙しい毎日に 押し出されて来た
遠くに海が見える丘

今日はわざと 携帯は部屋に忘れてきた
でも今 この瞬間を
写せないのは 少し後悔

遠く遠く 都会を離れて行く列車に
飛び乗ったこの週末
窓を開けて静かに 深く深呼吸して
はじまりの予感

自分の未来を コントロール出来ると
思ってた頃もあったけど
そんな生き方は やたら窮屈で
どうせなら楽しい方がいい

ホントのことばかりでは 上手く行かないから
誰かを 傷つけるなら
時に優しい 嘘も必要

長い坂を登れば
ほら あの青い空が
水平線にかわるよ

遠く遠く 都会を離れて行く列車に
飛び乗ったこの週末
何処にいてもいつでも この笑顔がそろえば
はじまりの予感

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加