古い定休日のうた

アーティスト栗原正己
作詞東京ムービー企画部
作曲栗原正己
ひらひら切って流れる 季節はかわって右からななめ
1つめの角を曲がって 2つめの電柱を駆け登る
家が見えたら通り過ぎ 川が見えたらとびこんで
かっぱと一緒に流されて 気付けばまわりは人だかり

あの日はたぶん定休日 きっとぼくは忘れない
うひらうひらと叫んだら 昨日か今日かもわからない

ねりねりねって固まる スキップできないつまづきコケる
ごろごろ坂を転がって ウルトラCきめて着地する
かくかくしかじか話して 自分の魅力さりげなく
たぬきと一緒に失敗しても 帰ればいつもの晩ごはん

あの日はたぶん定休日 きっとぼくは忘れない
うひらうひらとつぶやけば 昨日か今日かもわからない

見えないものが多すぎて とおくばかり気にしてる
古いきおくが混じっても 新しい何かが忍び足

あの日はたぶん定休日 きっとぼくは走ってる
そして今日もラララララ 両手ひろげて走ってる

あの日はたぶん定休日 きっとぼくは忘れない
もしも願いが叶うなら ポケットをひとつ増やしたい

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加