びいだま

アーティストアツミサオリ
作詞アツミサオリ
作曲アツミサオリ
遠回りも近道もしないで僕らは
明日が来る事を 怖がる事もなくて
歩き続けた 深夜の井の頭通り
鮮やかな夢だけ 長く影に延びた

大人未満の僕らは 単純で難解な煌めくびいだま

そこから覗いていた時間が
たいしたものはなくたって 輝いてたんだ
今 この手の中にある びいだまから
見えるものは 少し違うけど
僕らのそばで 小さく光ってる

あの時聴いてた "真心ブラザーズ"が今も
聞こえる度思い出に 強く抱きしめられる

遠回りも近道もしないで僕らは
明日に何があるかより 今が一番大事で

誰かを痛い程に好きになって
傷ついたり 寂しさを分け合ったり
あの時の手の中のびいだまから
見えたものは 夕焼けみたいな
優しい色した 当たり前の僕らの日々

そこから覗いていた時間が
たいしたものはなくたって 輝いてたんだ
今 この手の中にある びいだまから
見えるものは 少し違うけど
僕らのそばで 小さく光ってる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加