みれん酒場

アーティスト南条茂
作詞たちばな健二
作曲小高直樹
一度でいいから その胸に
抱かれてみたいわ こんな夜は
手紙だけの 便りでは
切なさただただ つのるだけ
飲めば飲むほど 悲しくなるわ
夜の港の 酒場の隅で

船が港に 着く日まで
あなたを待ちます いつまでも
その日だけの 一夜でも
逢いたい逢いたい 少しだけ
飲めぬお酒も 覚えるわ
夜の港の 酒場の隅で

夜のネオンが 消える頃
港の灯りが 淋しそう
霧笛だけが この胸に
いつまでも残る つらいのよ
飲んではかない みれんの酒を
夜の港の 酒場の隅で

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加