PIECES OF A DREAM

アーティスト大山百合香
作詞麻生哲郎
作曲藤本和則
デタラメな夢を 好き勝手ばらまいて
オモチャにして いつまでも遊んでいた
「見え透いた明日が一番くだらない」と
はしゃぎながら 気ままに生きたあの頃

Ah・・・せめてボクたちが一度背を向けたら
二度とは戻れない場所なんだと 知ってたら

ハンパな夢のひとカケラが不意に誰かを傷つけていく
臆病なボクたちは 目を閉じて離れた
キミに言いそびれたことが ポケットの中にまだ残ってる
指先にふれては 感じる 懐かしい痛みが

何かに近づくために歩いたのか
遠ざかるためにただ歩いていくのか

Ah・・・あの時のことも あれからのことも
間違ってなかったのか ホントはまだ知らない

強がるわけじゃないんだけど 立ち止まっちゃいけない気はしてる
想い出のボクたちを 責める気はないから
キミが置いてってコトバだけ ポケットの中で握りしめた
手のひらになじんだ感触を 忘れたくないから

あれからキミはどう生きてるの?変わったのかな・・・
キミが最後に詰めた 夢のカケラたちは今どうしてる?ボクは・・・
二度とは戻れない時代なんだと 気づいた

ハンパな夢のひとカケラが不意に誰かを傷つけていく
臆病なボクたちは 目を閉じて離れた
キミに言いそびれたことが ポケットの中にまだ残ってる
指先にふれては 感じる 懐かしい痛みが

キミは今何してる?月がボクを見ている

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加