冒険ロード

アーティストVlidge
作詞KYU
作曲KYU
教室の片隅に 置き去りのピアノのように
誰かの指に触れられるのを待ってる
取り残された僕は やりばのない思いに
夕陽の空がやけに綺麗に見えた

幼いままの心で 何もかも欲しがって
やみくもに駆け抜けた日々もあった
同じ痛みを持つ 誰かをあてにしてたって
いつしか頼れたのはこの心だけ

気持は伸びてゆくのに
手を伸ばしても届かない
ああ そんなことがあるから人は
夢を見てゆける
冒険の数だけ 心は育つもの
ああ どんなに傷だらけになっても
立ち上がって また歩きはじめる

大人の扉の鍵 どこかの空地の隅に
はしゃぎすぎて置き忘れてしまったよ
大事だったおもちゃだって ガラクタになっていったって
積み木を重ねたあんな 気持まだ残ってる

剥き出しの情熱は いつも伝わらなくて
煙に巻かれて途方に暮れてた
独りで拭う涙や 汗はどんな勲章より
価値のあるものだと思い握りしめた

信じてゆける理由が
またひとつ増えるたびに
ああ 誰にも見せたことない笑顔に
きっと近づいてる
冒険の数だけ 世界は広がるもの
ああ どんなに歳を重ねても
あの日のように また歩きはじめる

夢の先にある想いを
確かめたい
僕を試す 未来睨んで
今日を過ごしたい
臆病にふらついても
この志を抱いていたい

気持は伸びてゆくのに
手を伸ばしても届かない
ああ そんなことがあるから人は
夢を見てゆける
冒険の数だけ 心は育つもの
ああ どんなに傷だらけになっても
立ち上がって また歩きはじめる

人は誰もみんな少年少女だった
愛されたいと思う時 愛し方を知った
不揃いな群の中 夢をたぐりよせて
荒れた道をただまっすぐにゆけばいい

いつか悲しみさえ
振り払えるからと
君の手を 繋いでく
誰かとまた歩きはじめる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加