秋の雲

アーティスト杉並混声合唱団
作詞山本和夫
作曲岩河三郎
雲は なぜ美しいのでしょうか
秋の雲は 山のあなたを
ひょうひょうと流れています
手がとどきそうな気がするし
遠い遠い 手の届かない外国を
流れているような気もします

秋の雲をながめていると
少女の目がきれいに澄んできます
雲は 遠いところを なぜ
想い出させるのでしょうか

モウコのかなたの大草原
ヒツジの群は とどまり
日をあびています
ラクダにのったキャラバンは
遠くなっていきました

ひとりの青年が 草にはらばい
両手であごを支えて
目をつむっています
その青年は 私の好きだった
おじさんではないでしょうか
戦争が終わっても
おじさんはかえってきません

雲は なぜ美しいのでしょうか
秋の雲をながめていると
おじさんの草笛が
かすかに かすかに
とぎれとぎれに ひびいてきます

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加