石仏

アーティスト杉並混声合唱団
作詞中村千栄子
作曲岩河三郎
だれが刻んだのだろう
この 古い石仏
新しい道を拓くために
とりのけられ 倒れかけた
小さな石仏
だまって
青い空のむこうを見ている
泥のはねた 赤いよだれかけをして・・・・・・

学校の帰り道
いつも手をあわせた石仏
いまは
笹の葉のおだんごも
たむけの花も
ろうそくもなく
こぼれた指先がいとしい
丸い頭の童子

ああ 山は欠け
故里に 槌音は満ち
いつのまにか

思いもかけぬ大きなものが

天を指して
すっくと 立ち上がる
まるで巨人のように・・・・・・

そのかたわらで
あどけない面影は
やがて
一ころの石にかえり 土にかえり・・・・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加