野生の馬

アーティスト杉並混声合唱団
作詞中村千栄子
作曲岩河三郎
野生の馬は なぜ馳けていく
首もたげ 尾をなびかせて
筋肉の躍動 胸に
どこまでも 馳けていく
夏の嵐の中を
稲妻に向かって
おお 野性の馬は
どこまでも 馳けていく
ある時 馬は立ちどまる
自然の神秘(ふしぎ) 感じてか
目をつむり
銅像のように 動かない

野生の馬は なぜ馳けていく
首のばし 尾をふり立てて
生命の躍動 胸に
どこまでも 馳けていく
夏の太陽の下を
真実に向かって
おお 野生の馬は
どこまでも 馳けていく

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加