I'm a SPOKESMAN

アーティストMIKO-D
作詞MIKO
作曲Daichi Yoshida a.k.a. Mr.D
それはまるで96年辺りの JAPANESE HIP HOP シーン
のように STREETBALL も今や世間への広い浸透ぶり
格好だけなら嘆かわしいがボーラー人口は日々上昇
だからと安心するなかれ SLOW DOWN するには時期尚早
いまもアスファルトの上で才能が泣いてんだ
代わりに想いのたけを吐いてんだ
だがバスケができなきゃ愛せんか?
待て俺らは君らの代弁者
STREET の洗礼の体験者
CD のジャケにしちゃったくらいの愛犬家(GIVE ME LOVE!)
等身大の我が REAL TALKIN
クルーならもちろん皆 NON SMOKIN
不健康そうな奴が使う意味じゃない健全な KEEP BALLIN
理想とはまだ程遠い
だが成せばなる今の世に
君は俺に何を言って欲しい?

ボーラー達がその身を削り表現したなら 今度は俺がフローする番
I'm a SPOKESMAN
ボーラー達が努力し現状を築いたのなら 今度は俺が苦労する番
I'm a SPOKESMAN
十分にその価値がある 今度は君達がオーバーグラウンドに浮上する番
I'm a SPOKESMAN
言葉の力借りたいって言うなら任せなよ 俺が SPOKESMAN

FLOW なら聴きな一級品
リリックなら聞き取れる終始
ボーラー熱くするためのミュージック
BLOCK ON LOCK かませルーティン
栄光ならばすぐそこに
この曲の終わりの来る頃に
未だ報われぬ戦士達にしてもらいたい胸のすく思い
バスケで飯を食うそんな無謀な志
持ったのならその両手両足のみで世界に名前を轟かし
後ろ指さした幼い大人を驚かし
代わりに可能性と言うサプライズで笑顔にさせる子ども達
仲間なら集まるはずだ 才能は互いに呼び合うから
そして君を取り巻く現状に不満がもしあるなら
さあ今度は自らが行動する番
いつでも手貸すぜ 俺は君のSPOKESMAN

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加