20才の前で

アーティスト三田寛子
作詞茅野遊
作曲小椋佳
かなわない夢だから きらめきがあるのだと
あなたの微笑みに はじかれた願いごと
いつの日かこの恋に サヨナラをする時も
あなたはそう云って ピリオドを打ちますか

つれない言葉ほど 悲しく 心を燃やすのを
あなたは知っていますか
20才の前で忘れることの むずかしさを知りました
苦い思い出をかくす化粧も
こうして上手になるのですね

意味もなく前髪を かきあげて見せるのは
あなたのまなざしを 見ないふりしたいため
ひたむきに憧れて 好きですと告げるたび
わたしの手の中は からっぽになってゆく

会えない時にまた 悲しくふるえる指先を
あなたにさし出すこともなく
20才の前で忘れることの むずかしさを知りました
痛みまじりの 言葉遊びも
こうして上手になるのですね

つれない言葉ほど 悲しく 心を燃やすのを
あなたは知っていますか
20才の前で忘れることの むずかしさを知りました
苦い思い出をかくす化粧も
こうして上手になるのですね

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加