キプロスの砂

アーティスト五十嵐浩晃
作詞松本隆
作曲五十嵐浩晃
青い海 波をけるクルーザー
白い家 立ち並ぶ島の影
ポロ・シャツを脱ぎ捨ててデッキ・チェアー
寝転べば潮風の乱反射

絵葉書の裏にサヨナラって
習いたてのギリシャ言葉
受け取って首かしげる君が浮かぶよ

キプロスの砂をガラスのびんに入れ
君に贈りたい
ぼくらが失くした透き通った光が
ここにはある

キプロスの島の波止場が点になる
島めぐりの旅
涙も悩みも古い神話にして
船は未来へ帆をあげるのさ

コーラびん きらめいた水滴は
君の頬 濡らしてた涙だね
二人とも生き方をゆずれずに
狭い部屋 閉じこもり背を向けた

失恋したとは思えぬほど
陽に灼けたぼくが眩しい
新しい君の恋人にもよろしく

キプロスの砂がジーンズのポケットに
こびりついていた
哀しい時間がサラサラとデッキに
こぼれ落ちる

海から風がヒリヒリしみて痛い
だけど気持ちいい
ロードスの港 錨を投げる頃
君を忘れる そんな気がする

キプロスの砂を・・・・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加