玉響のしずく -Full vocal ver.-

アーティスト橋友雅 (c.v井上和彦)
作詞田久保真見
作曲陶山準
さらさら金色に さらさら銀色に
織り成す綾模様 幾千の雨
さらさら導かれ さらさら誘われ
織り成す恋模様 玉響のしずくよ

薄絹羽織れば 密やかな雨隠れ 恋と呼べば心は乱れるもの
若草うるおす 透きとおる青時雨 恋と呼べば心は切なくて

逢かなる 時空を越え出逢う ふたつの小船よ
逢かなる 時空を流離う 迷い子

さらさらその胸に さらさらこの胸に
彩る夢模様 幾千の雨
あなたに逢いたくて あなたを知りたくて
彩る恋模様 玉響の涙よ

・・・無明の闇に独り
この手には紅蓮の炎に似た面が
何も覚えていないのは
消し去りたいのか消されたのか・・・

想いは結葉 短夜の水鏡 夢の中であなたを見つめていた
吐息は忍び音 芳しい五月闇 夢の中であなたを抱きしめる

逢かなる 風の龍笛に舞う ふたつの木の葉よ
逢かなる 風を彷徨う 迷い子

さらさらその胸に さらさらこの胸に
色彩づく夢模様 幾千の夜
あなたに逢いたくて あなたを知りたくて
色彩づく恋横様 玉響の涙よ

・・・永き寂寥の日々よ
そなたの温もりが教えてくれた
私は唯 愛されたかったのだと
幻の舞はもういいのだ そなたには永遠の舞を・・・

荷風の戯れに 波紋の儚さに あなたを重ねて哀愁を知る
花神の微笑に 翠雨の煌めきに あなたを重ねてそう幸福を知る

さらさら金色に さらさら銀色に
織り成す綾模様 幾千の時空
さらさら導かれ さらさら誘われ
織り成す恋模様 玉響のしずくよ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加