石鹸色の夏

アーティスト斉藤由貴
作詞森雪の丞
作曲亀井登志夫
「あのね・・・」恋じゃないのね
「でもね・・・」とても好きなの
「きっと・・・」あなたは風なのね

「だって・・・」みつめられると
「不思議・・・」心の森が
「いつも・・・」優しくざわめくわ

ヒコーキ雲見上げてたら
急に接吻
なぜ あんな意地悪したの

生まれかけの 気持ち石鹸玉
いつの間にか フワリ
あなたの肩にとまりたい

「あのね・・・」恋と呼んだら
「そのね・・・」逢えなくなるわ
「きっと・・・」無理してしまうから

「そうよ・・・」あなたの膝で
「そっと・・・」お話聞いて
「ふっと・・・」眠ってしまいたい

夕陽のゴールめがけ
ひとり走るあなた
少年の瞳をみたわ

こわれやすい夢は 石鹸玉
回る雫 今は静かな夏を映したい

生まれかけの気持 石鹸玉
いつの間にか フワリ
あなたの肩にとまりたい

夢は石鹸玉
回る雫 今は静かな夏を映したい

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加