デイドリーム

アーティストオーノキヨフミ
作詞オーノキヨフミ
作曲オーノキヨフミ
あの街の向こうにのっかってる
空が青すぎて出かけたくなった
ついに見つけたからと君を残して
僕は荷物をまとめて旅に出た
僕はわかっていたんだ
きっとわかっていたんだ

何処まで行っても着けやしない
だけど僕の心の隙間を埋めるためには
十分すぎる時間だったんだ

夜明けみたいに真っ白な心のままで
僕は進化をとげる
何も無かった頃の僕だって
笑って目を細めてる

君の夢見たものと僕の描いたものは
少し違ってたかな
人のつながりなんてちっぽけなものだって
言ったら終わってしまうよ
あの街の向こうにのっかってる
空を君に見せたくなった
僕のほっぺたが少し 風に打たれて少し
赤く染まっていった

空を飛ぶように真っ白な心のままで
僕は進化を遂げる
痛みなんかは感じなくなって
そのままでからまったままで 進む・・・

空を飛んでる君と それを見ている僕が
猫になってる君と 犬になってる僕が

真っ白な心のままで
僕は進化をとげる
何も無かった頃の僕だって
笑って目を細めてる
止まらないことを知ってても
まだそこで目を細めてる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加