ソフィアの鐘

アーティストさだまさし
作詞さだまさし
作曲さだまさし
遠くでクリスマス・キャロルが聞こえる
君の涙に気付かないふりをしている
四谷見附橋 街路樹の枯れ葉
君は上手に 嘘をつけない

夕陽が眩しくて信号の青に
しばらく気付かなかったね 二人共
神宮へ帰る 鴉が二羽三羽
黄昏ゆく師走の闇を往く

ソフィアの鐘が
凩に乗って僕等を追い越してゆく
折から牡丹雪が
街灯の周りで冬の蛍になる

言葉が足りなくて君を傷つけ
言葉が過ぎて また僕も傷つき
逢魔が辻の角を曲がれば
遥か遠く君の手には届かない


春には桜吹雪の舞うはずの道で今
ミサヘ向かうキャンドルの列とすれ違う
四谷見附橋 名も知らぬビルの
屋上でクレーンが揺れてる

水のない橋の底を快速電車がゆく
パンタグラフの蒼い火が きれいだね
冬の花火だね きっと沢山の
悲しみをのせながら 闇に咲く

ソフィアの鐘が
思い出伝いに僕等を追い越してゆく
折から救急車が
サイレンを鳴らしながら 赤い風になる

遠くでクリスマス・キャロルが聞こえる
君の涙に気付かないふりをしている
思い出通りの 向こう岸で
ほら サヨナラが手を振る

ソフィアの鐘が
凩に乗って僕等を追い越してゆく
折から牡丹雪が
街灯の周りで冬の蛍になる

遠くでクリスマス・キャロルが聞こえる
君の涙に気付かないふりをしている

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加