フレディもしくは三教街 -ロシア租界にて-

アーティストさだまさし
作詞さだまさし
作曲さだまさし
フレディ あなたと出会ったのは 漢口
揚子江沿いのバンドで
あなたは人力車夫を止めた
フレディ 二人で初めて行ったレストラン
三教街を抜けて
フランス租界へとランデブー
あの頃私が一番好きだった
三教街のケーキ屋を覚えてる?
ヘイゼルウッドのおじいさんの
なんて深くて蒼い目
いつでもパイプをくゆらせて
アームチェアーで新聞をひろげてた
フレディ あなたも 年老いたらきっと
あんなすてきな おじいさんに
なると思ってたの 本当に思ってたの

フレディ それからレンガ焼きのパン屋の
ボンコのおばあさんの 掃除好きなこと
フレディ タ暮れの 鍾に十字切って
ポプラの枯葉に埋もれたあの人は一枚の絵だった
本当はあなたと私のためにも
教会の鐘の声は響くはずだった
けれどもそんな夢のすべても
あなたさえも奪ったのは
燃えあがる紅い炎の中を飛び交う戦闘機
フレディ 私はずっとあなたの側で
あなたはすてきな おじいさんに
なっていたはずだった


フレディ あなたと出逢ったのは 漢口

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加