長崎小夜曲

アーティストさだまさし
作詞さだまさし
作曲さだまさし
疲れた時には帰っておいで
都会で溺れた やさしい鴎
ため息は終着駅の 改札口で預けておいで
悲しみはいつか 紫陽花の様に
おだやかに色を 変えてゆくはず
西風にのせて 唄ってごらん
この町の黄昏は とても優しい
NAGASAKI-CITY SERENADE おやすみ僕の
NAGASAKI-CITY SERENADE いとしい鴎
傷口は多分 坂道みたいさ
登りにするか 下りにするか
あした決めよう


愛の重さや 夢の値段を
数える程に 寂しい時は
石畳と教会の屋根を すり抜けて丘へ上がってごらん
宝石箱に 身を投げた様な
港の夜を 抱きしめてごらん
大空に深く 横たわる川が
この町に注ぎ込んで 光る海になる
NAGASAKI-CITY SERENADE おやすみ僕の
NAGASAKI-CITY SERENADE いとしい鴎
傷口はすべて坂道づたいに
あしたの朝 晴れた海に
流してしまおう
NAGASAKI-CITY SERENADE おやすみ僕の
NAGASAKI-CITY SERENADE いとしい鴎

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加