星つむぎの歌

アーティスト平原綾香
作詞星つむぎの詩人たち, 覚和歌子
作曲財津和夫
空の青さが なつかしいわけは
小さな僕らの昨日があるから
見上げることが うたに似てるのは
夢の続きが そこにあるから

かすかな声が どうか届くなら
伝えたい 遙か旅立つ君に

僕らは一人では生きていけない
泣きたくなったら思い出して
風に消えない願いのような
星の光でつむいだ歌を


君の指先 ぬくもりのわけは
ひそかに波打つ鼓動のしるし
こぼれた涙 跡をたどるなら
それが明日の 星座に変わる

からだを超えて 祈りをつないで
ふたたびまた ここでめぐりあえるよ

僕らは愛さずに生きていけない
こわれる心に 口ずさんで
同じ時代と ひとつの空に
奇跡のかけらで つむいだ歌を


僕らは一人では生きていけない
泣きたくなったら思い出して
風に消えない願いのような
星の光でつむいだ歌を

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加